パパ活で被害者にならないために! 女の子が知っておくべきトラブル例と対策方法

頭を抱える女性
エルラブ 帰れない夜。キケンな上司とラブホテル!?

パパ活をはじめようと思っているorパパ活をはじめたばかりの女の子はもちろん、パパ活に慣れてきた子にも知っておいてほしいことがあります。それは、パパ活をするにあたってのリスク。

 

世の中に色んな人がいるように、パパを希望してくる男性も良い人ばかりではありません。「こんなはずじゃなかったのに…。」そうならないために、パパ活でよくあるトラブルを知っておきましょう。

メガネ&指し棒 先生風ちぇり実

よくあるパパ活の被害とトラブル

実際によくあるパパ活の被害・トラブルとその対策方法をお伝えします。

 

【被害1.】 お小遣いを払ってくれない

女子大生イメージ 奨学金 給料

最も多いのがこの被害。パパとの食事を終えて、さてお小遣いをもらって今日はバイバイ…と思っていたのに、突然パパが逃走。そのまま逃げられてしまうという経験をした女の子は少なくありません。

 

また、実際に渡された金額が提示額よりも少なかった…というパターンも。お金のことだからなかなか言い出しにくいので、その金額で受け取ってしまいがちなんですよね。

 

ただ、「あれ? 」と思っても、金額が少ないことを言うと揉める可能性があります。余程少なくない限りはグッとこらえて飲み込んでしまった方が身の安全は守れます。二度とそのパパとは関わらないことにして、そのまま別れてしまった方が安心です。(本当に悔しいことですが…。)

ちぇり実
対策方法としては、すべて先払いでお願いすること。金額が大きいとまとめての支払いを希望してくるパパもいますが、よほどの信頼関係ができていない限りは都度払いにすること! 先払いしてくれないなら帰りましょう。

【被害2.】 食い逃げされた

空のサイフを見る男性

高級レストランでパパと食事。パパがトイレに立ったと思ったら、待てど暮らせど帰ってこない……。信じられないかもしれませんが、食い逃げ被害は多いです。

 

お小遣いを貰えるはずが、逆にお金を払うことになるなんて…。(しかも高級レストラン! 安くない金額です)

ちぇり実
対策方法は、とにかくパパと離れないこと。パパがトイレなどで席を立とうとしたら、財布や携帯など貴重品を置いてから行くようお願いしましょう。「疑うわけじゃないんだけど、こういう被害もあるって聞いてちょっと不安で…。」とやんわり言えば、ちゃんとしたパパなら分かってくれます。

 

【被害3.】 結局カラダ目的だった

セクハラをする男性

1回目に会ったとき無事に終わった。2回目にパパが急変した、というのもよくあるパターン。1回目で安心させて、2回目で強引にカラダを求めてこようとする男性もいます。

「1回目は女の子も警戒している」というのを分かっていて紳士を演じているので気づきにくいのがこのパターン……。怖い思いをしたり、最悪の場合強引に行為に踏み切られてしまうこともあるのでこれだけは本当に気をつけてください。

ちぇり実
対策方法は、とにかく二人きりにならないこと!
ホテルなんて言語道断、車に乗るのもダメ、カラオケもダメです。人気のない場所に行かないことも徹底してください。自分にお金を使ってもらっている分「断れない…。」と応じてしまう女の子もいますが、応じる必要はありません。いいえ、応じてはいけません!

 

【被害4.】 個人情報を抜かれて詐欺まがいに…

男性 秘密

最近増えているのがこの被害。ちょっと席を立った隙にクレジットカード、キャッシュカード(口座番号)などを抜かれてしまう…。もしくは、「良い話があるよ」とお金儲けの話をされ、口車にのせられてしまうケースも。

 

詐欺慣れしていると、疑う余地がないほど口が上手いです。ましてや、女の子の『お金が欲しい』という心理を巧みに利用してくるので、「お金儲け」の話をされても応じないでください。

ちぇり実
基本的にパパに個人情報を教えることはありません。クレジットカード、キャッシュカードなども絶対に渡さないでください。「毎月振り込むよ」と言われても、口座番号を教えてはいけません。席を立つときも、貴重品だけは絶対に離さないこと。クレジットカードやキャッシュカードは自宅に置いて行くとより自己防衛になります。

 

パパ活は、ある意味でハイリスク・ハイリターンな活動であることをお忘れなく。ちゃんと自己防衛できないならパパ活に踏み込んではいけません!

『パパ活講座』でマジメに学んで稼ごうね【チェリーミー】パパ活講座

みるくぱんな

東京在住。お洋服とお化粧品が大好き!
「反省はしてもいい、でも後悔はしない」がポリシーです。
人生は一度きり。楽しいこと・嬉しいことをたくさん経験したい♡

エルラブ そのカラダ。甘く舐めつくしたい。