処女×モテモテイケメン上司! 王道TLに胸キュン──帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?
エルラブ 帰れない夜。キケンな上司とラブホテル!?

これは王道の展開だ……。『帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?』(作・七星てんと)を読んだとき、思わずため息が出ました。あまりにも王道すぎて、王道が素晴らしすぎて、ニヤニヤしちゃう。

 

『処女×上司』この掛け合わせは、いつの時代もたまらなく乙女心に刺さるものです──!

 

ぶっちゃけたことを言うと、先が読める。でもそれがまたイイ。先が読めるような王道なのくださいぃぃいっ! そんなときは『帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?』を差し出します。

 

上司と田舎へ日帰り出張……のはずが!?

『帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?』のはじまりは、ヒロインの皐月とその上司・真山理人(理人って名前かっこよすぎでしょ……。)が営業のためにはるばる田舎へ出張したことから。

 

真山理人、絵だけで十分説得力があるくらいイケメン。っていうか、これ……、あ●スタの鳴●嵐くんにそっくりじゃない? って思ったのはるり子だけ?

 

皐月のせいで帰りの飛行機を逃してしまい、じゃああのラブホテルで過ごすしかないな(なぜかw他にホテルないのw田舎だから!? たしかに田舎はラブホテルだけはあるけどもwww)ってなったとき、イヤがる皐月に対するセリフ。

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

「こうなったら選んでなんかいられないでしょ。そもそもこうなったのは誰かさんのせいなんだけど? 」って、なんとなくやっぱり、鳴●嵐を彷彿としますわ。全体を通して読むと、そんなに嵐くんでもないんですけど。な/る/あ/ん(検索除けw)好きな人は、見たらちょっと「ふぅ~! 」ってなるかもしれないです。

 

ほんとにラブホテルで朝まで──!?

なんとしても普通のホテルを探せばいいものを、なぜかラブホテルに行く流れになるのがティーンズラブ界。冷静に考えてみてください。イケメンでモテモテの上司と、ラブホテル。何も起こらないわけがない。ましてや『帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?』はティーンズラブマンガです。

雨で濡れた服を着替えようとする真山理人。それを見てうろたえる皐月。

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

理人「もしかして男のハダカ見たことない?」

皐月「当たり前ですつ 早く服を着てください」

読者・理人「うそマジで? 」

 

ここで、私たち読者も皐月が処女であることを知るwww
皐月、処女だったんだ……。これ、処女×上司モノだったんだ……。いい……!

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

「そっか… じゃあまだシたことないんだ? 」

 

理人サン、エロすぎません?????
そして、分かってましたよ待ってましたよと言わんばかりの展開に──

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

「じゃあオレがセックスの気持ちよさ教えてやるよ」──と。

 

真山理人、舐める男でしたわ。

 

「口答えできるないほど良くしてあげる」って言いながら、胸、アソコ、ベロベロ舐めてくれます。

 

気付いてなかったけど、この辺で改めて思いました。絵が、うまいな。絵がきれい。真山理人はイケメンだし、気強いクセにおっちょこちょいの女だと思ってた皐月も美人系のイイ女かもしれない……。絵がうまいのって、マンガにおいて大切な要素ですよね。

 

ちなみに、1巻では最後までやりません。(なんとぉおお…😢)

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!?

「昨日は激しかったな…? 1人でイって気絶するんだもんな」……とのこと。

 

ちょっと皐月ぃいいいいいーーーーーー!?!? 気絶しないでええええぇ!😭
読者がおあずけ食らってしまったじゃないの😭

 

そして、ラブホテルで健全に(?)一夜を過ごした二人は、翌日飛行機で帰宅……と思ったら、なんと皐月の家に空き巣が入るという事件が発生。「とりあえず俺の家に来い」という男前かつドッキドキな急展開で1巻は幕を閉じます……。

 

同じ会社なのに、上司なのに、こんなに親密になっちゃって──!? ラブがはじまる予感しかしません!

 

個人的に好きな部分。
➡真山理人、最初は皐月のことを「柘植」って苗字呼びだったのに、ラブホテルのシーンから名前呼びに変わるところ♡♡♡

帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!? 無料試し読み

森下るり子

とにかくイケメンと年下が好き。
趣味はボディケアの元エステティシャン。LCラブコスメの盲信者★☆
23歳くらいに見られることだけが自慢のアラサー。(たぶん精神年齢の低さが見た目に出てる…)
最近の趣味は筋トレと痩身エステ。

エルラブ そのカラダ。甘く舐めつくしたい。