ラブ♡コラム

帰宅難民になったら? 避難時は? 災害時のために働く女子が準備しておきたい物

最近、 なんだか地球がおかしい。

地震、台風、大雨……もはや災害は、他人事ではなく、明日は我が身。自分だけは大丈夫、なんてことはない時代になっています。もれなく全員、備えておかなければいけない。とは言え、「何を準備すればいいのか分からない……😢」という人も少なくないと思います。

 

何かあってからでは遅いのです! 災害時のため、しっかりと準備をしておきましょう。

 

災害時役に立つ! 働く女子が準備しておきたいもの

会社にいる時間に何か起こった場合。多くの場合で帰宅命令が出るとは思いますが、「交通機関が停止してしまって家に帰れなくなってしまった」といういわゆる帰宅難民になってしまったら?

悩むちぇり実

いつ、どこで、何があるか分からないので、家だけじゃなく会社でも災害時のための準備をしておきましょう。

 

家・会社、どちらにも準備しておきたい、災害時に準備しておくべきアイテムをご紹介します。

 

常に持っていたいもの

出先で何かあったときのために持ち歩いていると良いと言われているものは下記のとおり。

  • 500mlで良いのでお水
  • モバイルバッテリー
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • マスク
  • (視力が悪いなら)メガネ
  • 生理用品
  • ヘアゴムやヘアクリップ
  • チョコやシルアルバーなどの非常食になるおやつ
  • 常備薬
充電中のスマホ

まぁ、普段から常にフル装備で出歩くわけにもいかないので、最低限はこんなところ。特にモバイルバッテリーは必須です。(※モバイルバッテリーそのものの充電も切らさないように!)

 

るり子は常にお水(お茶などの飲み物含む)を持ち歩いていますが、中には持ち歩く習慣がない人もいると思います。でも! 普通に生活するうえでも「のどが渇いたのに何も買えない~! 」というときに役立つので、持ち歩くと安心ですよ! 暑い季節は特に。

 

会社に準備しておきたいもの

災害時のために、家に色んな防災グッズを用意している人は多いと思うんですが、盲点なのが会社。会社にいる時間に何かあった場合「家なら準備万端だったのに……。」となってしまう可能性がありますよね…。

 

デスクまわり、ロッカーなど、私物が置けるスペースに災害時のために6つのアイテムを準備しておきましょう。もちろん、家に準備しておく防災グッズも同じなので、参考にしてみてくださいませ。

最低でも3日分を準備しておくのが良いと言われています。

虫眼鏡でのぞくちぇり実

1. ウェットティッシュ

【SET】デリケートウェット【NEW】5個セット

避難生活をしたことがある人が必ずと言っていいほど「あってよかった」というウェットティッシュ。とにかく重宝するアイテムです。

ウェットティッシュでも良いですが、長期お風呂に入れないときのためにデリケートゾーン専用のウェットティッシュがあるとさらに安心。

実は、一般的なウェットティッシュは除菌能力が高すぎて、女性の膣内を守っている善玉菌まで除菌してしまう恐れがあるのです😢デリケートゾーンを清潔にしたいのであれば、デリケートゾーン専用に作られたウェットティッシュの方が安心というわけです。気になるニオイ対策にもなります。

るり子のオススメは、5個セットで購入できる『ジャムウデリケートウェット』。デリケートゾーンのニオイを取ってくれるあのジャムウソープのシリーズなので、お風呂に入れない時のにおい対策にも効果的です。パラベン不使用でアルコール(エタノール)フリーなので、お肌に優しく連続使用も安心です。

 

2. 生理用品・おりものシート

ナプキン

最低限の個数を持ち歩いている女性は多いと思いますが、万一に備えてパックで置いておくと安心です。

長い時間下着を替えられないという事態になったときのことも考えて、おりものシートの準備も忘れずに!

 

3. お水

ミネラルウォーター

家に常備しておきたいのはもちろん、ロッカーなど、私物を置ける大きいスペースがあれば会社にもお水を準備しておきましょう。2000mlを5本ほど。
大人が一日に必要とする飲料水は3リットルと言われています。

 

4. ドライシャンプー、ハブラシ&歯磨き粉など

マウスウォッシュ

水を使わなくても良いドライシャンプー、ハブラシ・歯磨き粉もあると安心。マウスウォッシュや口腔ケア用のウェットティッシュなども便利です。
気分をスッキリさせるために洗顔フォームも準備しておくと◎

また、すっぴん隠しのためにマスクも箱で用意しておくと安心です。(1枚だけだと衛生面で良くないので、箱!)

5. ブランケット、ストールなど

ブランケット

冬など、寒い時期はひざ掛けとして会社に置いておく人も多いかもしれませんが、年中置いておくと安心。災害時にも重宝します。

6. スニーカーなど歩きやすい靴

スニーカーに履き替える女性

パンプスなどヒールの高い靴で通勤している人には必須。
避難時に非常階段を使う時や、電車が動かず歩いて帰宅しなければならない時など、履き替えられるようにしておきましょう。
できれば靴ずれを起こさないよう履き慣れているスニーカーやぺたんこシューズが安心です。

 

ただでさえパニックになってしまう非常事態。「そういえば用意しておいた! 」が、どれだけ支えになるか。心配し過ぎてありとあらゆるものを常備しておく必要はありませんが、最低限の備えはしておきましょう。

ABOUT ME
森下るり子
森下るり子
とにかくイケメンと年下が好き。 趣味はボディケアの元エステティシャン。LCラブコスメの盲信者★☆ 23歳くらいに見られることだけが自慢のアラサー。(たぶん精神年齢の低さが見た目に出てる…) 最近の趣味は筋トレと痩身エステ。 「森下るり子」の記事一覧