これで納得!男がキスマークを付ける心理とその対処法

41ec6160c880736d81b259ddba1b9f87_s

キスマークは愛の証?それとも迷惑な暴行の跡?

キスマークといえば、「中学生の頃、大人の証だった……」なんて懐かしいノスタルジーを思い出す方もいるかもしれません。どうやって隠すか悩んだり、友達に気付いてほしくてあえて隠さなかったり。
でも、大人となった今では、はっきりと跡が残ってしまうキスマークは、迷惑以外の何物でもないですよね。服で見えない場所ならまだしも、首筋などにつけられた時はもうがっかり。彼の大人としてのマナーを疑いたくなってしまいます。

そもそも男にとって、キスマークを付けるというのはどんな心理なのか?そんな彼とどう向き合っていくべきなのかを考えてみましょう。

 

愛の証を見える形に残したい男

カップルイメージ

どうやら、キスマークをめぐっては、大きく分けて2パターンの男がいるようです。
一つは想像に容易いように、愛の証として、キスマークを付ける男。そもそも本能的に男は子孫を残し、繁栄させる目的が遺伝子に刻まれています。その中で、自分が手にした女を他の男に渡さないための、マーキング的な意味合いが、無意識のうちのあるのでしょう。自分だけの女、ひいては自分だけが愛する女である証として、マーキング(=キスマーク)をつける、という心理です。この場合、言葉で「キスマークつけないで」と言ってもあまり効果はないかもしれません。

対処としては、相手がキスマークを付けるそぶりをしたら嫌がる、そっと払いのける、が効果的。もし彼を傷つけたくないなら、「そこよりも唇同士がいいの」などと甘えて、キスの矛先を跡が残らない場所に誘導するのも効果的です。

 

とにかく吸い付きたい男

Akita inu puppy dog hugs bengal kitten. isolated on white backgr

このパターンを見分ける方法は割と容易です。とにかく前戯でキスしまくる男、やたら胸に食いつく男、その回数が尋常じゃないと感じたらほぼ確実にこのパターンです。「跡を残したい」という意識はほとんどなく、単純にあなたの体に吸い付きたいのです。プレイとしては楽しめそうですが、やはり身体に跡を残されるのは考え物。そんな彼には、はっきりと「跡を残さないで」と伝えましょう。

また、こちらからも積極的に吸い付いて彼の体にキスマークをつけたり、体へのキスは許しても、強く吸われると感じた瞬間に強く払いのけるのも有効です。このタイプの場合、本能的なものではなく、プレイの一環としてキスマークを残しているので、「そういうプレイは好きじゃない」ことをはっきり伝えれば、彼も少しは収まってくれるはずです。

 

できてしまったキスマークをできるだけ早く消すには

クリームを塗る人

どんなに警戒していても、できてしまう時はできてしまうキスマーク。大人として、早く治す方法もしっかり覚えておきたいもの。そもそもキスマークは、強く吸引されたことによる内出血がおこした痣です。基本的にはやさしく温めて、周囲をマッサージしていきましょう。また、「レモン汁を塗ると治る」とよく言われますが、化学的な根拠はない模様…。どうやら、レモンのビタミンが治りを早くするらしいのですが、それなら一般的な保湿クリームを塗った方が効果は高い気もします。

また、隠す、という手段も有効。といっても、首元に絆創膏を貼っているのはあまりにもあからさまです。できればストールなど首元が出ない服装にするか、コンシーラーなどで隠してしまうのも手です。最近のコンシーラーやBBクリームはカバー力が高いので、かなり目立たなくすることが可能です。

デリケートな問題ではありますが、だからこそぜひ彼としっかり相談して、楽しいナイトライフを送ってくださいね!