ラブ♡コラム

負けたくない女たちが争っているものって? 最後に勝利するためのたったひとつの秘訣

あっ、こいつ! 涼しげな顔してマウンティングしてやがる……!

こういう瞬間を経験したことがある女性も少なくないと思う。
意識的にしているのか、それとも無意識なのか?

 

「私って、充実してるでしょ? 」
「こんなに幸せなのよ? 」

 

格付けしあうことほど息苦しいものはないが、「あぁ、なんだか自分ってみじめかも」そう感じるとき、それがきっと負けたとき。でも、一発逆転、したくない?

 

何で争っているの? 負けたくない女たちのマウンティング

そもそも、女たちの負けたくないものとはいったい何なのか? マウンティングされる項目は大きく分けて5つある。

虫眼鏡でのぞくちぇり実

男性関係(恋人の有無、結婚)

フリーの期間が長ければ長いほど、「いつまで経っても独りの女」として、問答無用で“負け組”の烙印を押される。

そう、世知辛いことに、世の中は恋人がいれば幸せ! 結婚してれば人として立派! みたいな風潮が根強くある。

晩婚とは言え、30超えて結婚してない人ってどこか問題があるよね~~~
20歳にもなって恋人いたことないの? えっ~~~!?
5年も彼氏いないの……?

おぉ、なんと嘆かわしいことか。浮ついた話のない奴は問答無用でマウンティング対象になってしまう。

 

職業・仕事の充実度

大企業に勤めていたり、クリエイディブな仕事をしている人、対して自分は、しがない契約社員。隣の芝生は青く見えると言いますが、どちらかというと相手の話を聞いて勝手に卑屈になるパターンは少なくない。
そして、どちらの立場であっても「なんとなくの響き」で無意識にマウンティングをしてしまう傾向がある人種も存在する。

ただし、「仕事がイヤ」「ブラックすぎる企業」「自由な時間がまったくない」というネガティブな問題を抱えていると形勢が逆転することがある。

仕事というのはその人を表すにあたって大きな要素になる。マウンティングの対象になるのはしかたのないことなのだ。

 

収入・お金のこと

いい年して貯金がない、そもそもお金がない、いつも節約生活。これではマウンティングの対象になってしまう。

女性に限ったことではないが、高収入>低収入の図は根強いものがあり、自由に使えるお金が多ければ多いほど、優位に立っているように見えてしまう。

ある程度年齢を重ねたら、くれぐれも「お金がないから」の理由で誘いを断らなければいけない事態は避けたいところ。

 

人生設計

恋人、結婚仕事、収入、すべてひっくるめたことであるが、ふわふわと生きているのみで「とりあえず今生きるだけのお金があれば~~」「あまり豊かじゃないけど、まぁ普通に暮らせてるよ~~」みたいなスタンスだと、意識高い系の餌食になる。

普通が一番幸せ、そう思えることは実に素晴らしいことである。ただ、意識高い系に関わると土足で荒らされて心がズタボロになるので注意が必要。

 

外見(若さ、ファッション、持ち物など)

デートよりも女子会の方が気合いが入る……! とはよく言ったもので。内面的なステータスと同じ…いや、それ以上に見た目の美しさは重要なポイントである。

「なんか老けた」「なんかダサい」「なんか安っぽい」これはアカン。マウンティング女子と出くわしそうなときは武装しなくてはならない。

 

どうだろうか。
自分はマウンティングなんかしたことないという女は、ほとんどいないはずだ。オタクっぽい地味で小太りな女をみて「この人よりは自分の方が……」とよぎったことのない女はごくごく少数なのではないだろうか。

 

どんな女でも、“負けたくない”感情は持っているものなのである。

 

“負けたくない女”が最後に勝つ方法

今はこれまでにないインスタ時代。一般人でさえ、すでに全員が読モ状態と言っても過言ではない時代である。身近な人間だけじゃなく、そういったよく知らない一般人と比べて「なんかみじめ……。私ももっと充実させたい、勝ち組になりたい」と思うこともあるはずだ。

筆文字 幸 イラスト 

幸せは、いつも自分のこころが決める by みつを

 

るり子の記憶が確かなら、みつをもこんなこと言ってなかった?
いい? 比べるのをやめること。

 

幸せはね、人と比べてなるものじゃないの。だから勝ち負けなんてないの。

 

自分が「幸せだ!」「今が最高だ!」そう思えばそれだけでいいの。むなしい戦争に参加するのはもうやめなさいって。

ABOUT ME
森下るり子
森下るり子
とにかくイケメンと年下が好き。 趣味はボディケアの元エステティシャン。LCラブコスメの盲信者★☆ 23歳くらいに見られることだけが自慢のアラサー。(たぶん精神年齢の低さが見た目に出てる…) 最近の趣味は筋トレと痩身エステ。 「森下るり子」の記事一覧