イケメン彼氏がほしい! 出会い方と好きになってもらう方法

男性のハートを奪い合う手

「とにかく私は顔重視! イケメンじゃなきゃいや! 」

 

るり子のまわりにも、このタイプの女子が多い。(ついでに言うとるり子もこのタイプです)
この「イケメンじゃなきゃイヤ女」は、必然的に選択肢が少ない。そして何より、いい年して顔にこだわるというのは、なかなかに恥ずかしいことであるのは否定できない。

28k_chm8_f

でも、しかたないのだ。イケメンが好きなんだから。しかし、年を重ねるごとにイケメンとの出会いは少なくなり、出会ったとしてもお付き合いできるかどうかは分からない。

 

そこで、イケメン大好きマンのるり子とそのまわりのイケメンハンター女が実践するイケメンとの出会い方&落とし方についてレクチャーしていこうと思う。

 

イケメンとの出会い方

出会わなければ恋ははじまらない。

 

出会いがない
職場に男はいるけどみんな既婚者

など、社会人女子にはこの悩みを抱える人が圧倒的に多い。出会ったとしてもイケメンに出会える確率は必然的に減っていく。

あきれたちぇり実

そこで、まずは当たり前すぎてびっくりすることを伝えようと思う。

イケメンに出会うまで出会いを探せ。

これしかない。
イケメンが行きそうな場所にとにかく顔を出す、まわりの人に紹介をお願いする。とにかく人と出会う機会を増やし、イケメン本人もしくはイケメン界隈の人たちに出会おう。

 

そして、一人でもイケメンを見つけたらこっちのもんである。イケメンのまわりにはまた別のイケメンがいる可能性が高い。

イケメンハンターたちの話

生まれたときからイケメン好きを公言しているるり子は、あるとき元ジャ○ーズに出会った。(デリケートそうな単語なので伏せ字www)元ジャ○ーズなだけあって、まぁ顔は10人中8人は「かっこいい」と言うであろうなかなかの見た目である。

 

正直、元ジャ○ーズは好みのイケメンとはちょっと顔の系統が違ったのだが、そのまわりにはやはりイケメンが多かった。そこから芋づる式でイケメンに出会えたということがある。

 

ついでに言うと、バンドマンにドハマりしていたるり子はお目当てのバンドマンを落とすのに躊躇しなかった。バンドマン界隈と飲み会をしている女の子と仲良くなり、そこからバンドマンと芋づる式で繋がった。

 

また別のパターンでは、バンドマン(またバンドマンの話w)のバンド会場で入り待ち、出待ちをして顔の認知をされるまで頑張り、連絡先を渡す → 連絡がくる で繋がったこともある。(しかしこれ、バンドマン界隈では糞麺と呼ばれることなので誉められたものではない。ファンはファン。手を出すのはタブーなのだ。)

 

さらに言うと、るり子のまわりのイケメンハンターは、出向いた先に好みのイケメンがいると、「連絡ください」といって連絡先を渡して繋がるという強者もいる。成功率は80%ほど。よほど真面目なタイプ、もしくは彼女がいるという場合でなければ連絡はほぼくる。

 

何が共通しているのか。
とにかく強欲なのだ。イケメンに対して強欲すぎるのである。

 

しかし、イケメンを狙うのであればこのくらいのガッツはほしいところ。

 

とにかくどんな手を使ってでも、最低ひとり、イケメンと出会え……!

 

イケメンを惚れさせるには?

出会うまではまだ良い、問題は、惚れさせるステップである。

悩むちぇり実

イケメンに好きになってもらうために何が重要か?

 

意識しすぎて緊張してはいけない、あからさまな好意を向けてはいけない。
このふたつは厳守してほしい。

 

何度も言うように、男という生き物は、恋愛において簡単に手に入ってしまうものをありがたがらない。あからさまな好意を向けられると、価値が低く見えてしまうのだ。

 

通常の男以上にこう思わせよう。「俺のこと好きっぽいけど、なんか違う気もする……。」イケメンにはこれが効果絶大である。媚びられるのに慣れているため、微妙なラインの接し方をしてくる女が気になるのだ。

 

その証拠にるり子は、好きだと思うイケメンを何度も逃している。理由は「好みすぎて緊張しちゃう」「相手の反応をうかがってしまう」「気に入られようとしてしまう」これが色濃く出てしまう。

 

逆に、好みの系統でない人に好かれることは多々ある。これは、多くの女性が経験していることだと思う。意識せずに接することができるため、相手から見ると「相手にされてるようでされてない!? どっち!? 気になる! 」これが起こっているわけ。

 

どんなに好みのイケメンも、同じ人間である。あまり緊張しすぎないよう。