究極の選択【恋愛編】本当に悩んだときの2つの決定方法

頭を抱える若い女性

さて、今日の議題は究極の選択【恋愛編】です。

 

人間、誰しも一度はやったことがあるだろう「◎◎」と「●●」どっちが良い~~?ってやつです。不毛だってわかってるけど、めっちゃ楽しいあれです。

 

自分の答えは決まってるのに、人の意見も知りたくなっちゃう。そんで「え~~~!?」なんて言ってキャッキャと盛り上がったりしてね。

 

究極の選択【恋愛編】選ぶならどっち?

では、あがることの多い3つの選択をあげてみましょう。

虫眼鏡でのぞくちぇり実

  • 超絶お金持ちだけどブサイク or 貧乏だけどめちゃくちゃイケメン
  • イヤなことばかり言ってくるイケメン or めっちゃ優しいデブ
  • 好きな芸能人と1日だけ恋人になれる or ナシではないと思う人との結婚

 

上の2つについては、そこまで極端じゃなくとも現実で似たような選択をしなければいけない立場になったことがある人もいるのでは……?

 

全然興味ないかもしれないけど、たぶん勇気づけられると思うからるり子のしょうもない答えを聞いてくれる?

 

超絶お金持ちだけどブサイク or 貧乏だけどめちゃくちゃイケメン

まぁ、自他共に認めるイケメン好きのるり子は、貧乏だけどめちゃくちゃイケメンを選ぶわけですけど。ここで注目すべきなのは、いい年して顔で判断しちゃうるり子の愚かさ……ではなく、だって好きなんだから、彼にお金がないんだったらるり子が稼ぐよ!」っていう私の覚悟をみてほしいんですけど。笑

 

そりゃお金がないよりはある方が良いに決まってます。そりゃるり子もそうです。でも、人生辛いときも苦しいときもあるわけじゃないですか。そういう人生のダークゾーンを、好みでない顔の人は超えられない。

28k_chm8_f

すごく膨大なお金がなくても、彼が貧乏だったとしても、暮らしていけるだけのお金はるり子にも稼げる。だからるり子は、一生イケメンと一緒にいたい。大丈夫、そこに愛があるなら!

 

イヤなことばかり言ってくるイケメン or めっちゃ優しいデブ

はいはい、どうせるり子は「イヤなことばっかり言ってくるイケメンを選ぶんでしょ」って思ってると思います。るり子はね、イヤなことばっかり言ってくるイケメンを選びます。

 

というか、るり子はわりと自分に都合の悪いことは流せるタイプの人間なのでね。そこにイケメンの顔があれば多少のことは気にならないわけです。

 

そもそも、見た目が好みじゃない人は恋愛対象にならないしねっ!しょうがない!

 

好きな芸能人と1日だけ恋人になれる or ナシではないと思う人との結婚

もうこれ以上お前の答えは聞いてもしょうがないって思ってると思うんだけど聞いてください。

 

るり子は好きな芸能人と1日だけ恋人になれる権がほしいです。そんで、一晩のうちになんとしても子作りを成功させてシングルマザーとして生きていきます。男の子が生まれてほしいです。年々彼に似ていく息子……。最高。

 

ナシではないと思う人と結婚する、それもひとつの幸せだと思います。死ぬときにあの人と一緒になってよかったって思うかもしれない。

 

でもるり子は、今を生きる女だから。将来の不安とかには目を向けないというポリシーのもとで生きています。

 

 

どうでしょう。「自分もしょうもねぇって思ってたけど、るり子もまぁまぁやべーわ」と思ったら、辛いときにるり子を思い出してください。安心してください。

 

本当に現実に選択を迫られたときは……

さて、ここまで『究極の選択』としてものすごく極端な例をあげてきましたが、現実にもまぁまぁ選択しなければいけない場面はあると思うのです。

 

ずっと片思いしてる人がいるんだけど、優しくて一緒にいると安心する人から付き合おうって言われてる……」とか、まぁまぁあるあるじゃないですか。

 

どうするか? 2つの方法を推奨しています。

メガネ&指し棒 先生風ちぇり実

1. まわりの人にアドバイスをもらう

どんなときもそうなんですけど、自分を客観的に見るのってとっても大切なんでね。第三者の意見を聞いてみましょう。

そしてちょっとでも「うぅ~~~ん、たしかにそうかも」と思った意見を採用しましょう。「いやいや、でも」と思ったらその選択肢は却下です。

 

2. とりあえず付き合ってみる

必死になればなるほど焦ってしまって恋がうまくいかないということがあります。なので、大好きな本命を逃したとしても「まぁ最悪、あいつがいるしな。。。」という状態に身をおいておくと余裕がでて恋がうまくいきやすくなります。

もしかしたら、本命だった彼よりも好きになるかもしれないし。よほど好みから外れていなければとりあえず付き合ってみるという選択肢もおすすめしたいな、と。

お高くとまってると気づいたら本当に誰も寄ってきてないという事態になりかねないのでね。

 

 

楽しい楽しい「究極の選択」。まぁ最終的にるり子は、自分がときめく選択をするけどね。失敗もあるけど後悔はしてない。