ラブ♡コラム

「嫌われたかもしれない……。」うっかり失言で微妙な距離ができてしまったら?

女性のためのアダルト動画 一徹さん

そんなつもりじゃなかったのに、ふとした一言、ちょっとした行動でなんとなく彼と気まずい空気に……。

焦るちぇり実

「やばい、嫌われたかもしれない」
こんな風に焦った経験がある方は少なくないはず。

 

ひとりでモヤモヤしているだけじゃ問題は解決しませんが、それでも考えて落ち込んでしまうのが私たち人間。「嫌われたかもしれない」そんなとき、どう前向きになればいいのでしょう??

 

さくらの恋猫

彼に申し訳ない気持ちがあるなら、まず謝る

「嫌われたかも」と思うときは、自分自身が彼に悪いことをしたと自覚しているからです。

 

大きく分けるとだいたい3つのうちどれかに当てはまるのではないでしょうか。

  • 失言をした
  • 誤解されるようなことを言った
  • 失礼なことをした
  • 怒らせるような行為をしてしまった

自覚なくそういうことをしているなら問題ですが、彼に悪いことをしたと思っているのならまずは素直に謝ればいいのです。

 

大半の場合、そもそもそんなに気にしていない もしくは、謝ってくれたから問題ない となります。謝ることもせずそのままにしておくと相手からしてみれば「あれが本音なんだろうか」「あんなことをしてくる人だったんだ」とモヤモヤした感情が募ってしまいます。

 

悪いと思ったなら謝る。まずは人間の原点にかえりましょう。

 

離れてしまうとすれば、いつかはダメになってた

悪いことをしたなと思って謝っても結局距離ができたままになってしまった、そんなとき。

悩むちぇり実

あんなこと言わなければ、あれさえなければと自分を責めてしまうかもしれませんが、遅かれ早かれ、どちらにせよ疎遠になる男性だったということです。たまたま今回のそれが引き金になっただけで、それさえなければうまくいっていたということじゃないんです。

 

こんな経験、ありませんか?

そういえば、友達にむちゃくちゃ頭にくること言われたし、もうこいつとは仲良くできないって思ったけど結局今でも仲良くしてるし、まぁ自分も失礼なこと言ったりやったりしたしねっ

みたいなこと。これ、恋人にも友達にも、まわりにいる人み~~~んなに言えることなんですよ。許し合える関係っていうのは、それだけで宝みたいなものなわけです。

 

嫌われてしまう要素、心当たりがあるなら直す努力を

さて、とは言ってもですよ。

 

「嫌われたかも」と思ったとき、その原因が、“うっかり”ではなく、日常的にやってしまっていることだとしたら改善する努力は必要です。

 

ここで、20歳の頃のるり子のヤベー女っぷりを思い返してみます。20歳のるり子は、口を開けばとにかく文句を言う女だった。よくそんなに文句ばっかり出てくるなっていうくらい、文句しか言わない女だったのです。

 

自覚はあったんです。「私、文句しか言ってないなぁ」「なんか微妙な空気だったよね……。」と思っていても、口を開けばやっぱり文句が出てくる。あれは、狂ってた。誰かに操られていたのかもしれない。

 

なんとか自分を変えようと、“文句を言いそうになったら逆に良いところを3つ探して誉める”という試練を自分に課しました。これをね、1ヵ月くらい続けたら、何に対しても文句を言わない女に進化を遂げました。(ただ、エレベーターのボタンの目の前に立ってんのにボタンを押さない奴がいると「あいつ頭おかしーんじゃねーの」ってずっと文句言うのだけは直りませんでした。今だにこれだけは文句しか出ないです。後遺症です。)

 

自分のやってしまったこと、悪い癖、失言など、反省して後悔するのも大切ですが、自覚があるならどうしたら良い方へ変えられるか? を考えてみましょう。

 

「嫌われたかも? 」そんなときは……

メガネ&指し棒 先生風ちぇり実
  • 「嫌われちゃったかも」と思ったら、悪かったなと思うことを素直に謝る。
  • 自分自身も直したいことがあるなら、直す努力をする。

とりあえずこのふたつ、徹底していきましょ。

ABOUT ME
森下るり子
森下るり子
とにかくイケメンと年下が好き。 趣味はボディケアの元エステティシャン。LCラブコスメの盲信者★☆ 23歳くらいに見られることだけが自慢のアラサー。(たぶん精神年齢の低さが見た目に出てる…) 最近の趣味は筋トレと痩身エステ。 「森下るり子」の記事一覧
--
膣トレグッズの割引キャンペーン!!

お得に膣トレできる
チャンスだね!

こっちもオススメ♡