長続きしているカップルとの違い!? 愛される彼女がやっている彼への愛情表現4つ

ハート ラブラブカップル

付き合っていても、「なんか冷たい」「本当にわたしのこと好きなのかな…? 」と感じたことはありませんか? 彼にしてみれば『普通』にしているつもりでも、こちらからしてみれば「冷たい」「愛されている感じがない」。こういうことが起こりがちです。

 

でもこれ、逆のこともあります。自分では好きな気持ちを表しているつもりでも、思っているよりも伝わってない。

 

ベタベタで甘々な関係もすぐに飽きてしまいますが、大切な人だからこそ、しっかり愛情は伝えたいもの。ずっと良い関係でいるためにも、彼への愛情表現、意識してみましょう。その方法は4つです。

メガネ&指し棒 先生風ちぇり実

1. 「好き」「愛してる」を言葉にする

会うたび毎回、もしくは毎日毎日「好き」「愛してる」と言っていたら何のありがたみもない言葉になりますが、わざわざ言うことじゃないし……と、あまり口にしていないという人、いませんか?

好きって言いたい甘えんぼタイプでない限り、そもそも「好き」とか「愛してる」とか、口にする機会がありません。でも、だからこそ、たまには言葉にして伝えるべきなのです。

たとえばキュンッとしたとき、うれしいなと思ったとき、「ありがとう」だけじゃなく「好き」も一緒に伝えてみてはいかがでしょうか。

 

2. ぎゅっと抱きついてみる

どうやら、抱き合っている時間が多いカップルほどうまくいくんだとか。

いい感じの雰囲気にならなければ抱き合うこともない……という場合、たまには不意打ちで、ぎゅっとしてみるのも可愛いかもしれない。いや、間違いなく可愛い。

好きな相手とは、ちょっとでもくっついていたいのが本音だもんね! 照れちゃうことを、たまにはちゃんとやってみるのが愛される女の極意です。

 

3. 不意打ちのキス

めちゃくちゃハードルが高いですが、不意打ちキスの効果はあなどれません。

不意打ちキスなんて、自信がないじゃないですか。照れちゃって、なんなら躊躇っちゃって、ちょっとズレたところにちゅーしちゃったりというリスクもあるわけです。自分はアメリカ人じゃないし、そりゃもう無茶苦茶恥ずかしいわけです。でも、やるのです。

これはるり子の体験談なんですけど、一緒にテレビを見ていたら、なんか彼がめちゃくちゃ私の顔を見てて。むしろ覗きこんでいたわけです。「え、なんなの」って思った瞬間、不意打ちのキス。あの瞬間、キュンとしすぎて一瞬心臓止まってた。幸せの絶頂なのに息を引き取るわけにもいかなかったので、まぁ今も生きてるわけですけど。本当に不意打ちのキスはヤバイんですよ。

目がハートのちぇり実

後日、決死の覚悟で、やり返しまたよね。あんまり見たことない真っ赤な彼が見られましたとさ。(ノロケです。黙ります。)

 

4. 「うれしい」「おいしい」「楽しい」を心から伝える

これ、付き合いが長ければ長くなるほど、当たり前すぎて意識しなくなってしまう言葉。

良い付き合いができているからこそ「うれしい」「おいしい」「楽しい」が日常すぎて、わざわざ言葉にしなくなってしまっている……心当たり、ありませんか? 付き合う前のあの頃、付き合いはじめのあの頃みたいに、今感じたことをちゃんと伝えているでしょうか?

一緒にごはんを食べたら「おいしいね」。
デートの帰りは「楽しかった」。

当たり前になりすぎていちいち伝えてこなかったことを、ちゃんと言葉にしていきましょう。

28k_chm_f

ちゃんと愛情表現できているつもりでも、実は伝わってない。』こんなの私たちは望んでいないわけです。きちんと愛情を伝えることは最低限。そして、マンネリを感じ始めた頃のいきなりのサプライズとしても紹介した4つは絶大な効果を発揮します。

 

こんな恥ずかしいことできるかよ……! 」ワナワナする気持ちは分かります。でも、勇気を出してやってみてください。絶対ハッピーな展開になりますから。