ティーンズラブ

フェロモン香水をつけたらこんな感じ? 男性をメロメロにするニオイ♡ ──上司は、私に飢えている。~もう限界だから…抱かせろ。

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

表紙が可愛くて思わず読みたくなっちゃう『上司は、私に飢えている。~もう限界だから…抱かせろ。』(作・由葵るゆ)。ティーンズラブを好んで読む人は、るゆ先生みたいな絵柄が好みの人が多いはず。

 

なぜか突然モテ期がはじまった初美がこの作品の主人公。この作品のキーワードは“なぜか男を発情させてしまうニオイ”です。

 

上司モノが好きな方も必見の甘々~~~♡♡♡な内容ですよ!

 

初美、突然のモテ期の理由は──

いつもと変わらない天井、いつもと変わらない廊下、ただひとついつもと違のは……なぜか異様にモテること──!?

 

同僚の男性にいきなり言い寄られ壁ドン! それを助けてくれたのが、上司の三国だった。

上司は、私に飢えている。〜もう限界だから…抱かせろ。

「なんか変な香水つけてるだろ。男を発情させるにおいだ」と注意(?)されるものの、どうやら男性にしか分からないニオイらしく……。

 

性的に興奮させるニオイなんてありえない! と思いたいのは山々だが、その後の会社の飲み会でも男性にチヤホヤされてしまう。

 

「男を発情させるにおい」それを聞いたとき、フェロモン香水を思い出しました。この作品の主人公はなぜかそれが自然に出てしまってるようだけど……今は人工的にフェロモンを纏える時代に……! フェロモン香水、もう1回買おうかなぁ。(ひとり言)

飲み会の帰り道、襲われているところを助けてくれる三国さん♡

男性には言い寄られ、女たちには煙たがられ、友人にはモテ期を逃すなとけしかけられ、すっかり疲れてしまった初美は、一足先に帰ることに……。

 

そして、考えごとをしていたら道を間違えて薄暗いところへ来てしまっていた。(なんとベタな、という野暮なツッコミはなしです。)

上司は、私に飢えている。〜もう限界だから…抱かせろ。

お約束のように現れる変態。初美の謎のフェロモンもあって、すでに発情(発情。)しているわけです。そこへ颯爽と現れる三国! こういうシチュエーションで助けられたら、そんな気なくても惚れる。ここまでがお約束です。

 

腰を抜かしてしまった初美をおんぶして、家が近くだという三国のお家へ……。あぁ、えっちフラグだぁ~! これは王道のティーンズラブ展開だぁ~~~!

 

1巻から濃厚な絡みが……♡

初美から出ているというフェロモンでムラッときちゃう三国。

 

「これじゃさっきの奴と同じなのにな…」って余裕のない顔で押し倒してくる…!

 

極めつけの、「俺を発情させたのはお前だからな 責任とれ」。きました。

 

さっきから“発情”って単語が出てくるたび、動物かよ他に言い方ないのかよと思っていた私たち読者。ここまでくると発情って単語に慣れてしまって、普通にキュンとする。

 

責任…取りますとも!

上司は、私に飢えている。〜もう限界だから…抱かせろ。

えっちなシーンはめちゃくちゃ濃厚♡ 1巻では本番こそないものの、ねっとりとしたディープキス、乳首舐め、首すじを舐めながらの手マン、クンニ、舐めながらの手マン♡♡♡ 大ボリューム。大満足。こういうえっちな展開待ってた!

 

どうやらイクと初美の男を発情させるフェロモンは緩和するみたい。でも男にしか分からない発情フェロモン……。またいつそうなるか分からない、不安になる初美に対し、三国のこの一言ですよ。

上司は、私に飢えている。〜もう限界だから…抱かせろ。

「…安心しろよ これからも俺が消してやる。だから他の男には触らせるなよ」

 

そ、それってどういう意味ですか~~~~!?期待しちゃってもいいんでしょうか!?

 

さぁドキドキのオフィスラブのはじまりです……!

 

 

イマイチ分からない三国の気持ち。ときめくけどまだ恋まではしてない初美。えっちなことはしてるけど、恋人未満。会社のみんなには言えない関係♡♡♡

 

とにかく三国が絵に描いたようなティーンズラブの彼って感じでめちゃくちゃときめきます。「そんなこと言うかよ? 」「こんなことあるかよ? 」っていうのが、逆に良い。

 

ゴリゴリのティーンズラブを読みたいあなたへ。上司モノが好きなあなたへ。

ABOUT ME
森下るり子
森下るり子
とにかくイケメンと年下が好き。 趣味はボディケアの元エステティシャン。LCラブコスメの盲信者★☆ 23歳くらいに見られることだけが自慢のアラサー。(たぶん精神年齢の低さが見た目に出てる…) 最近の趣味は筋トレと痩身エステ。 「森下るり子」の記事一覧