何コレ、気持ちいい♡ セックスで中イキするための3つのステップ ふたりエッチ編

【チェリーミー】何コレ、気持ちいい♡ セックスで中イキするための3つのステップ ふたりエッチ編

ひとりエッチではイケるのに、セックスでは一度もオーガズムを得たことがないという女の子って多いですよね。
あるアンケート調査によるとなんと7割の女性が実はセックスでイったことがないという驚きの結果がでていました。

彼とのセックスで一度もイったことがなくて、一生懸命頑張ってくれる彼にだんだん申し訳なくなってイったふりの演技をしちゃったりして….。
セックスのたびに演技するのは苦痛ですよね?なにより、愛する彼と幸せいっぱいのラブタイムが不完全燃焼のまま終わってしまうなんてつまらない。
そして、あなたが演技をすることによって、彼はあなたが満足したと思ってしまいます。
これでは、いつまでたっても彼とのセックスでイけないままだし、あなたを満足させたと思っている彼もなんだか可哀相ですよね。

そんな悪循環に陥らないためにも、大好きな彼と気持ちよくて最高のセックスをするために、セックスで中イキするための3つのステップを【ふたりエッチ編】【Gスポット編】【ポルチオ編】にわけてご紹介してみましょう。

ひとりエッチでの初オーガズムを思い出して…

ひとりエッチ

はじめてひとりエッチでイった時のこと、覚えていますか?
ひとりエッチだって最初はすぐにイクことができなかったはず。触っていたらなんだか気持ちよくなってきて無意識に感じるポイントを探っているうちに、ある部分を触ったらまるで体に電流が走ったように…!そんな感じでイっちゃうコツを自然につかんできたのではないでしょうか。

セックスだって同じ。まずは彼にあなたが気持ちよくなるスポットを知ってもらいましょう。
次にどうやって触ったら感じるのかを教えてあげましょう。
これが、セックスで中イキするための初めの一歩です。

後から抱えられてのふたりエッチが気持ちいい

後ろから彼に抱きしめられる

まずはあなたが普段ひとりエッチをしている時と同じ体勢になって、後ろから彼に抱きかかえてもらいましょう。
いつも横を向いて足を閉じてクリトリスを触っているなら、その状態で後ろからそっと抱かれて…。
いつも仰向けで足を伸ばしてクリトリスを触っているなら、仰向けのまま彼に乗るのは難しいので、上半身は起こしたまま座った状態で足を伸ばして彼に後ろから抱かれてみて。
いつも膝を曲げて指を膣の中まで入れているなら、その状態で彼に後ろから抱かれてみて。
そして、あなたが一番気持ちいいポイントを知ってもらうために、彼の手をそっと導いてあげましょう。

 彼の指がイキポイントを探り当てたら、ひとりエッチ以上の快感が待っている

 

LOVE

あとは彼を信じてひたすらリラックス。
いつものひとりエッチと同じ要領で、気持ちいいポイントを彼に優しくゆっくり触ってもらいましょう。
いつもの自分の手の動きはどんなだったかな?スピードは早いのが好き?それともゆっくりが好き?強さはどう?
彼が戸惑っていたり、ちょっと動きが違うなって思ったなら、可愛くおねだりしながら気持ちいい場所を教えてあげたり、彼の手に自分の手を添えて2人でするものいいかも。

彼があなたの気持ちいいスポットと気持ちよくなる動きをつかんでくれたら、ひとりエッチの数倍気持ちいいことにきっと驚くはず!
彼に後ろから抱き締められながらのクリトリス攻め。
耳元で優しく囁かれたりキスしたりしながら、自分の一番気持ちいい体勢で彼にイかせてもらうふたりエッチ…これ、最高です♡

 セックスで中イキするための3つのステップ ふたりエッチ編 まとめ

セックスで中イキしたいとはいえ、いつもはこっそりしているひとりエッチの方法を彼に知られてしまうのはとっても恥ずかしいですよね。
でも、彼の協力なくしてはセックスでイクことはできません。
あなたが恥ずかしがりながらも快感で乱れた姿を見ることができるのは彼だけ。
きっといつもと違ったあなたを「可愛い!」ってさらに愛してくれるでしょう。だから安心して体をゆだねてみましょうね。

それから、彼があなたのイキポイントを探し当ててくれるまで「ちょっと違うのよね~」「んもぉ~もっと右!右!」なんてちょっぴりイライラすることもあるかもしれません。
気持ちいいところを上手に触ってくれた時には、すかさず「ソコ、気持ちいいな♡」って可愛く伝えてみましょう。
あなたを最高に気持ちよくさせてあげたい!と手がつりそうになりながらもひたすら頑張ってくれる彼に感謝と愛の気持ちを忘れないであげてくださいね。
その気持ちがセックスで中イキできるちょっとしたスパイスになるかもしれません。

2コメント “何コレ、気持ちいい♡ セックスで中イキするための3つのステップ ふたりエッチ編

この記事のコメントは閉じられています。