運命の人を待つのもいいけれど。ある日すべてをひっくり返す出会い

【チェリーミー】運命の人を待つのもいいけれど。ある日すべてをひっくり返す出会い

私たち女は、恋愛がうまくいかなくなると「彼は運命の人じゃなかったんだ」と、なんとなく言い訳をして生きている。

 

そう、彼氏がいないとしても、好きな人すらいないとしても、いつか来るであろう運命の人を待っているから平気なのだ。

 

でも、待てども暮らせども運命の人は現れない。まだ見ぬ運命の人に出会えれば、冴えないこの毎日も終わってすべて逆転できるのに……!

 

運命の人は本当にいるのか?

さて、ここで、根本的な問題を解決しておかなくてはならない。

虫眼鏡でのぞくちぇり実

そもそも、運命の人はいるんだろうか? もしいないんだとしたら、私たちは今日から何を支えに生きていけばいいんだろうか。

 

運命の人はいるのか?その答えになるかはわからないが、人は、出会うべき時に出会うべき人と出会うらしい。どんなに嫌な人であったとしても、その人はあなたの人生において今、出会わなければいけない人だったのだ。

 

だとしたら逆に、運命の人に出会っていないと思う今、私にはまだそういう人が必要じゃないんじゃないか?と言える。

 

出会うまでが縁であり、それこそが運命

2017年現在、地球の人口は約74億人。一生のうちですれ違うことさえない人たちも、今まさに同じ地球に生きているのだ。こう考えると、映画館で一緒に映画を観た人たち、同じ車両に乗り合わせた人たちでさえ、同じ時間を共有したことそのものが奇跡と言える。

 

今、あなたのまわりにいる人たち。顔を合わせて話をすることができて、名前を知っていて、会う約束ができる人たち。

 

奇跡なんて言葉じゃ足りないくらい、素晴らしい出会いである。

 

もしかしたら、すべての出会いが運命なのかもしれない。

 

“運命の男”との出会い方

いやいや、私たちが聞いてんのはそういうことじゃないのよ!出会う人みんな運命だなんて陳腐な言葉じゃなくて、運命の男と出会えるのかってこと!

そんな声が聞こえてきました。

 

そんなあなたに。ひとつ、興味深い話があります。

 

ずっと好きだった人がいたのに別の人と結婚した女の話

私の知人で、5年間ひとりの男性を一途に想い続けた女がいました。それも、22歳~27歳までの期間。

 

彼女のひたむきな想いは本当に可愛かった。5年も片思いをしていても結ばれていないんだから、まわりだけじゃなく本人でさえ「この恋は無理」と感じていたのかもしれない。

 

でも、人の気持ちっていつ変わるか分からない。もしかしたら明日、彼にとって彼女が「会いたい人」になるかもしれない。

 

そんな彼女は27歳のとき、転職をした。そして新しい職場である男性に出会ったのだ。

悩むちぇり実

そして彼女は言った。

私、なんとなくあの人と結婚するような気がする

その時点でも5年片思いしている彼のことは好きだったんだろうし、何より出会ったばかりのその男性とは付き合ってもいなかった。誰もが何言ってんだこの女、と思った。

 

そしてその半年後、婚約をしたという知らせが入り、今ではママになった。

 

ねぇ、なんであの人と結婚するような気がしたの?
わかんない。なんとなく。

 

この話を聞いて、彼女は運命の人に出会えたんだね、と思っただろうか?

 

彼女にとっての運命の人は本当に旦那さまだろうか。
5年片思いした彼は、運命じゃなかった人なんだろうか。

 

だって彼女は、あんなに夢見がちな女だったのに、旦那さまに対して「運命」なんて言葉は一切使わなかった。

 

運命の相手は、自分が決める

彼女がそのことに触れない以上、5年片思いした彼の話をこちらからするつもりはない。でも、彼女の性格上、「いいなぁ、運命の人に出会えて」と言ったら、旦那さまではなく、5年片思いした彼の名前を出すんじゃないかと思う。

 

それだけ彼女にとって彼の存在は大きかった。むしろ、叶わなかったからこそ、美しいのかもしれない。そして彼女は、旦那さまに出会ったとき、きっと自分で決めていた。「この人と結婚する」と。

あきれたちぇり実

そこには運命なんて陳腐な言葉はなかったのだ。

 

あなたにとっての運命と、手に入れたい現実、それはいったい何だろうか?
それを決めたとき、『運命』と呼ばれる歯車が回りだすのかもしれない。