ラブ♡コラム

ananのセックス特集はやっぱりすごかった!3つの見どころ【2018年8月22日号『愛とセックス』を読みました】

女性のためのアダルト動画 一徹さん

恐らく、世の中の女性のほとんどがひっそりと注目しているananのセックス特集。それこそ高校生の頃は、「うぉおお~~! 私たちも読めるエロ本だぁああ~! 」くらいに思っていましたよね。ええ。

 

でも、大人になってるり子は気づきました。
性のことって、よほど仲のいい友達であっても、本当に本当の部分って、あまりオープンにできない。全然オープンにできない。不可能。だからこそ、ananのセックス特集が私たちには必要なんだ。

さくらの恋猫

2018年夏、今回のananセックス特集の3つの見どころ

久しぶりにananのセックス特集を見てるり子は改めて思った。ananのセックス特集って、大人のための教科書なんだ。って。

 

セックスにまつわるアンケート、セックス体験談、官能アンソロジー、セックスリテラシーについてなど、内容が実に盛りだくさんだった今回のセックス特集。(詳しくはマガジンハウスの公式ホームページからバックナンバーを試し読みできるし購入もできるぞぉ★)

どのページも穴があくほどじっくり読みたい内容でしたが、るり子が「これは…ッ!!」となった見どころが3つ。

【ananセックス特集の見どころ1】西島隆弘

言うまでもなく、西島隆弘。何と言おうと西島隆弘。表紙のエロさに気を取られがちだけど、パラッとページをめくるとビビるのが、横顔の美しさ。マジで横顔が美しすぎる……。このためだけに買っても雑誌の値段以上の価値アリ。

毎回男性のヌードは話題になるけど、もう……なんというか、今回は群を抜いてハチャメチャにエロいね。本屋さんでこの表紙の本を手に取るのはむちゃくちゃ勇気がいる。もしかしたら、本屋さんで買った猛者の中には、表紙を裏返してレジに出した人もいるんじゃないだろうか……。(るり子も昔、赤西仁が脱いだananを買うときは本裏返して買った。)

ネットで購入する

【ananセックス特集の見どころ2】セックスリテラシー

知ってるようで知らないことも多かった、セックスリテラシー。ある程度年齢を重ねたからこそ、再確認できてよかった! というのも多かった。

 

例えば、避妊について。あまり男性に強く言えない人だと、つい避妊を相手任せにしちゃうことがあると思うんだけど、女性がしっかりすべきとハッキリと告げてくれています。こうして背中を押してくれることで「しっかりしなきゃ! 」と思う人も少なくないと思うので、こういうの大事やなぁ…としみじみ思いました。

 

また、なかなか聞けないデリケートゾーンのケアについてひとりHについても書かれていて「実に興味深い」ってなる。絶対なる。こういうのって、まわりの人に聞けないもんねぇ…。

【ananセックス特集の見どころ3】官能アンソロジー

るり子が震えながら読んだのが、人気作家による官能アンソロジー。どのページも素晴らしくて、没頭して読んだ。

 

詩人の文月悠光さん、AV監督の二村ヒトシさん、イラストレーターのたなかみさきさん、小説家の森美樹さんなどの官能アンソロジーが読めます。

 

TLマンガやちょっとエッチな本や動画に触れることはあっても、こういうタイプのアンソロジーってなかなか読まない。あまりにも贅沢。セックスって本当に素晴らしいんだぁ…って、改めて震えました、よね。

 

特にたなかみさきさんは個人的に大好きなイラストレーターなので、このページは永久保存。

 

文月悠光さんのページも好きだなぁ。サラッと読めるので、何度でも読み返したくなる。本当に美しくて尊い。

 

こういうの、もっと読みたいです……ッ。最近はマンガばっかり読んでたけど、色んな本読みたい熱がぐわんと高まりましたね。

 

 

最近はananのセックス特集があってもスルーしちゃうことが多かったけど、久しぶりに読んでみるとやっぱりすごい。これはいつ時代にもなくてはならないものだ、と。思いましたよね。過去のバックナンバー全部集めたい。コレクションしたい。

anan立ち読みはこちら

ABOUT ME
森下るり子
森下るり子
とにかくイケメンと年下が好き。 趣味はボディケアの元エステティシャン。LCラブコスメの盲信者★☆ 23歳くらいに見られることだけが自慢のアラサー。(たぶん精神年齢の低さが見た目に出てる…) 最近の趣味は筋トレと痩身エステ。 「森下るり子」の記事一覧
--
男性が好きなのは、お手入れされたふわふわヘア♡
こっちもオススメ♡