「乳首の色が黒い…。」憧れのピンク乳首になりたいあなたへ

バストトップ

温泉に行ったとき、こう感じたことはないでしょうか?

悩むちぇり実

「もしかして私、人より乳首が黒いかもしれない」と。

 

温泉に行ったときに実感するのは、実に色んな乳首の人がいるな……ということ。(マジマジ見るわけじゃないけど目に入ってくるのでwww)

 

あまり他人の胸を見る機会はありませんが、考えてみれば乳首は黒いよりはピンクの方が可愛い。乳首の色は生まれつき……? 私たちは、生まれ持った乳首の色と一生付き合っていかなければならないのでしょうか。

 

乳首の色は、ある程度は生まれつきによるもの

下着や服との摩擦で黒ずんだり、ホルモンバランスの乱れによって乳首の色が変化することはあります。でも、基本的には生まれついての色、形があります。劇的に乳首の色を変えようとするとなると、お医者さんの手を借りるしかないのが現状です。

 

そんな! この黒い乳首、なんとかしたいのに! 」乳首の色に納得できない私たちは、いったいどうしたらいいのでしょう。

あきれたちぇり実

男性は、そこまで乳首の色を気にしていない

「乳首の色をなんとかしたい」=「彼に黒いって思われて引かれたくない」っていうことじゃないでしょうか。

 

乳首の色に悩んだとき、大前提として男性はちょっと黒いくらいの乳首を気にしていないということを頭に入れておきましょう。

 

真っ黒なホクロみたいな黒さなら考え物ですが、「人より黒い」「濃いめの茶色」くらいの色であれば、深刻に悩む必要はありません。

 

乳首の色どころか、あそこが多少黒いくらいであれば、気にしないという男性が大半です。むしろ、そのくらいで引くような男性であれば、こちらから距離をとることをおすすめしたいです。

 

自分でできる乳首の色ケア

とは言っても、ですよ。

 

何年前かに比べて黒くなってきたかも」そんな方もいるかもしれません。先ほどチラッと触れたように、摩擦やホルモンバランスによって乳首の色が変わってしまうことがあります。妊娠したら乳首が黒くなった、授乳で色が変わった、そんな話を聞いたことがあるかもしれません。そう、乳首の色は変わってしまうことがあるのです。

 

ちょっとでもピンクに近い乳首をキープするために、意識の片隅においておきたいことを2つお伝えしておきます。

メガネ&指し棒 先生風ちぇり実

サイズの合わないブラジャーをつけない

摩擦・刺激は黒ずみの原因になってしまう天敵です。締め付けがキツかったり、サイズが微妙に合っていないブラをつけていると、日々の摩擦が蓄積されて、知らず知らずのうちに黒ずんでいってしまいます。

ちゃんとブラジャーの採寸をしたことがない人は、プロにサイズを見てもらいましょう。思っていたカップと違ったというのはよく聞く話です。

 

ホルモンバランスを整える

私たちの生活において、ホルモンバランスは大変重要な役割を担っています。これが崩れると、美容だけでなく健康、精神にまで支障をきたすことも。睡眠時間を整える、ストレスをためないなど、生活習慣はしっかりと整えていきましょう。

不規則・不摂生はNGです……!

 

泡のパックで黒ずみを解消! ジャムウ・ハーバルソープ

目に見えない部分を改善しただけじゃケアしてる気になれない! そんな方には『ジャムウ・ハーバルソープ』をおすすめ。

 

前からるり子が愛用している『ジャムウ・ハーバルソープ』。アソコの臭い、黒ずみに絶大な効果を発揮する石鹸なんですが、乳首の黒ずみにも効果があるんです。

泡立てネットで泡を立てて、モチモチの泡で3分~4分ほどパックを。1回で変わるわけじゃありませんが、継続は力なり……徐々に黒ずみが分解されている……ような?

 

乳首だけじゃなく、アソコのケアにも使えるので騙されたと思って試してみる価値はあると思います。

ちぇり実/完璧

 

乳首の色を気にしすぎてナーバスになるのは良くない、でも、ちょっとでも理想の体に近づきたいと思う気持ちは素敵です。乳首の色でお悩みなら、まずは下着の見直し、生活習慣の改善、『ジャムウ・ハーバルソープ』のお試し、やってみてください……!