ピンチ!

女性必読!デートレイプドラッグ被害に遭わないために

恋多き乙女たちを救いたい…(※防犯で)
防犯設備士&防犯アドバイザーのロッキーです。

性欲で目の色を変えた男性ほど怖いものはないよね。
もう、ああなったら獣です。猿です。

お互い同意の上でのセックスや愛情がこもったセックスはお互い幸せだし、楽しいものだけど、それが分からない男ってホントにたくさんいるもんなんだ。

女の子の同意を得るまでの過程が面倒だったり、最初から無理だと決めつけて短絡的な方法でセックスしようと企むゲス男たちが世の中にはたくさんいる。

今回はそんな不届きなゲス男たちから自分の身を守る方法を男性目線から伝授。
と、まわりくどい説明は後にして極意を先に言っておくと…。

ロッキー
ロッキー
彼氏以外の男性は信用するべからず!
さくらの恋猫

強姦や性暴力の4割以上は顔見知り

知り合い、顔見知り程度の交友関係の男性はもちろん、そういう事しないと思っていた男友達だって、いざとなったら過ちを犯すことだってある。

■異性から無理やりに性交された経験の有無

 

100中、約6人が強制性交の経験があるそう。
ここ安全だとか言われている日本も、女の子にとって性犯罪はとても身近にあるんだ。

■性犯罪における加害者と被害者との関係

 

内閣府が発表しているデータでは、性暴力の7割以上が顔見知り!!
強姦って知らない人に襲われるってイメージだったでしょ?

実際は違うんだ。
だから、もう一度言うけど彼氏以外の男性は信用するべからず!

ロッキー
ロッキー
出会い系サイトやパパ活サイト、婚活サイトで一緒に食事するだけのつもりで会った初対面の人には特に気をつけて!

デートレイプドラッグには要注意

デートレイプドラッグという言葉、知ってる?

最近、テレビニュースやネットニュースでも見かけることが多くなってきたキーワード「デートレイプドラッグ」。

ドラッグといっても覚醒剤ではなくて、睡眠導入剤や抗不安剤などを女の子が飲んでいるお酒とかの飲み物に混ぜて意識を失わせたり、深い眠りに落ちたところで強制性交をするという被害が近年、ものすごく多くなってきているんだ。

ロッキー
ロッキー
ちなみに飲み物だけじゃなく、スープやサラダに混入され被害にあったケースも…。

デートレイプドラッグの被害はたくさんある

デートレイプドラッグが使われた確証はないけど、女の子の証言や症状から推察するとデートレイプドラッグが使われたと見て間違いない事件が多発してます。

有名なところで紹介すると…。

フリージャーナリストの詩織さんが、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏に酒を飲まされ性的暴行を受けた

この事件は結局、不起訴になってしまったけど、意識を失うように眠りに落ちて目が覚めたら山口氏が上に乗っており、挿入されていたという証言から、お酒にデートレイプドラッグを混入させたと見て間違いない事件だね。

ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインによるデートレイプは、食事に誘って睡眠薬を飲ませるのが常套手段だった

デートレイプドラッグを使って50人以上と関係を持った上、主演作品への出演オファーと引き換えにセックスを迫ったり、無理やりキスしようとするなどの性暴力の常習犯だったそうです。

明大と日本女子大のインカレサークルメンバーが歌舞伎町で集団昏睡

新宿歌舞伎町の今はなきコマ劇場前で女の子数人が意識を失ったり、昏睡して警察や救急車が駆けつけるという出来事がありました。

特定の薬物が使われた形跡がないので、事件性はないと処理されたけど、サークル内では女の子を酔わせるマニュアルやコール、スーパーヤリヤリサワーなるアルコール度数がとても高いお酒を半強制的に飲ませるなどしていたそう。

スピリタスのようなアルコール度数がものすごく高いお酒を一気飲みさせると急性アルコール中毒で女の子は昏睡状態になってしまうので、こちらもデートレイプドラッグ事件の一例として知られています。

元あやまんJAPANのDJ LOUさんもアメリカ留学中にデートレイプドラッグ被害に遭う

DJ LOUさんもアメリカ留学中にバーで声をかけてきた男性にデートレイプドラッグを使用され、意識を失ったと告白。

発汗、呼吸困難、痙攣、激しい頭痛が同時に体を襲いひどい目に遭われたようです。

他にも内閣府の男女共同参画局によると、

カラオケボックスで、トイレに立った後、残っていた飲み物を飲んだら、意識がもうろうとし、気が付くと服を脱がされた状態で、ソファーの上に一人で取り残されていた。

仕事の打合せの際に出された飲み物を飲んだら、急に眠くなり、下半身の違和感で気が付くと、服を脱がされた状態で床に倒され、裸の人が自分の上に乗っていた。

人からよく効く頭痛薬だとすすめられて飲んだら、気持ちが悪くなって、体が思うように動かなくなり、服を脱がされて複数人とセックスさせられた。またその様子を、動画に撮られた。

内閣府男女共同参画局ホーム

このようにデートレイプドラッグは貴女が思っているよりも、ずっと身近にある怖い存在だってことを忘れないで!

デートレイプドラッグから身を守る方法とは

いつどこで自分の身を襲うかわからないデートレイプドラッグ。
もし、デートレイプドラッグによる性的被害を受けてしまったら、一生の傷を負いかねません。

そこで、デートレイプドラッグの被害から身を守るための対策を伝授!

いくつかあるけど、要は得体の知れないものは飲むな!食うな!ってこと。
やたらお酒を勧めてくる男も要注意!
怪しければ空いているコップに飲み物を少し注いで毒見させるのも一つの手段かも。

  • お酒の席での被害が多発!特に注意しよう!
  • トイレや電話で席を立つときは飲み物を飲み干す
  • 飲み物を注文しといたよ!と渡された飲み物には口をつけない
  • 知らない男性とは飲み物や食事をシェアしない
  • 飲み物の色や沈殿物をよくcheck!
  • 頭痛や二日酔いに効く薬とか言って勧められた薬は断る
  • お酒を無理やり飲まされる雰囲気でもアルハラ!といって断る

お酒が入ってしまうと、どうしても注意力や警戒心が薄れてしまいがち。
逆を言えば、だからこそゲス男はお酒の席で貴女を狙っているんです。

こんな場所で被害に遭いやすい!

デートレイプドラッグの被害を調べれば調べるほど、「こんなの防ぎようがないじゃん…」という事例が出てくるけど、リスクが高い場所と場面を知っておくだけでも被害に遭う確率がグーンと減るもの。

デートレイプドラッグの被害は不特定多数の人たちとお酒を飲むシーンに多い事がわかっています。
例えば…

  • 相席居酒屋
  • バーやラウンジ、スナック
  • カラオケ
  • 合コン、オフ会
  • 出会い系サイトなどで出会った男性とのサシ飲み

隣席の客にトイレに行っている間にデートレイプドラッグを混入された。
「一杯おごるよ!」などと言われお酒を飲まされて、そこから記憶がない。
お酒を提供しているお店などでは、知らない人にデートレイプドラッグを混入されてしまう危険があります。

合コンやオフ会も注意!
特に合コンは、男性サイドが組織的にデートレイプドラッグを使うことを計画している事案もあったりします。

もし被害に遭ってしまったら

もしデートレイプドラッグの被害を受けたかもしれない…
という方。

「被害を受けたかもしれない」というのがポイント。

デートレイプドラッグによる被害は意識を失ってしまったり、少量のお酒で記憶をなくしてしまい、被害にあったかどうかもよく分からないという声が多いから。

  • 強烈な眠気から起きたら知らない場所にいた。
  • たいして好意も抱いてない男性と一緒にベッドで寝ていた。
  • 起きたら衣服が乱れていたけど、誰もいない。

こんな場合はデートレイプドラッグによる被害を疑おう。

睡眠薬を混入された場合は薬物反応が2〜3日間は尿から検出できます。
海外の危険ドラッグや幻覚剤は数時間〜1日で薬物反応が出なくなってしまうものもあるので、疑わしい時はすぐに病院に行って採尿してもらおう。

できれば産婦人科が理想的。

考えたくもないけど、加害者の体液が検出されれば”誰に”、”何をされた”かをほぼ特定できるんだ。

さらに当日の下着には加害者のDNAが付着している事があるので、洗わずに重要な証拠として保管しておこう。

実はデートレイプドラッグの被害者たちは、薬物を混入されてしまったことを立証できずに泣き寝入りしてしまうケースがほとんど!!

確信があったとしても立証できなければ、証拠不十分で起訴できないケースが多いんだ。
男性側も「同意の上での行為だった」とシラを切れば逃げ切れてしまう。
悔しいけど、今の日本ではそれが実情…。

ショックが大きすぎる上に、体も重いしダルいし、病院に行くなんて…
医者にそんな話をするのは恥ずかしいし、もし違っていたらどうしよう…
こんな風に考えてしまうのは当然のこと。

立ち直れないほどメンタルがやられてしまうかもしれない。
そんな方は病院に行く前に#8103(ハートさん)に電話をかけてみて!

各都道府県警察の性犯罪被害相談電話窓口につながるので、今後どうしたらいいのか、丁寧に案内してもらえるよ。
各都道府県毎に対応時間が違うので、繋がらない場合は応対できる時間を確認してみよう。
ここから各都道府県の担当課の対応時間を確認できます。

ロッキー
ロッキー
一人で悩むより少しの勇気を振り絞って行動を起こそう!
ABOUT ME
ロッキー
ロッキー
昼は女性達を犯罪から守る防犯、夜は女性達の心のセキュリティを解除すべく悪戦苦闘。 防犯設備士の資格と防犯アドバイザーのライセンスを持っている防犯のプロ。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。