「ホラ。口開けて」ねっとり濃厚キスをしながらエッチ♡ ──腹黒王子にハメられました。

腹黒王子にハメられました。

下記、心当たりがある方、いないでしょうか。

 

  • 年下男子にこれでもかってくらい愛されたい!
  • 一見王子なのに、ほしいものを手に入れるためなら手段を問わないのって素敵!
  • 気持ちよすぎてなにも考えられなくなりたい!
  • 傷ついた心をえっちで癒やしてほしい!

 

もし、どれかひとつでも「これは……! 」と思う項目があれば『腹黒王子にハメられました。』(作・ゴゴちゃん)をおすすめします!

 

キュンッとあなたのツボをついてくるに違いありません。

 

両親への挨拶直前に婚約者に別れを告げられて──

結婚が決まり、いよいよ来週に両親への挨拶を控えていた環季(たまき)。それなのに突然、彼に婚約破棄を告げられてしまう。

 

「悪いけどお前と一緒にやっていける気になれなくなった」

「そんなの無理に決まってるでしょ! 今更そんなこと言われても困る! 」

「大体お前なんのために結婚したいんだよ」

 

うぅ……耳が痛い。アラサー女子の結婚を焦っている気持ち、両親をなんとか安心させたい気持ち、すべて見透かされているようなこのセリフに、ズーンと一瞬重たい気持ちになってしまうのです。

 

そんなつもりはなくても。でも、心のどこかにあったことを指摘され、環季はヤケ酒に走ります。会社前でバッタリ会った後輩の澤村を付き添いにして愚痴酒です。

 

ここからがティーンズラブの醍醐味

婚約破棄──。ここまでは、耳が痛くなるほどあり得るお話。でも、ここからがこの作品…つまり、TLコミックの醍醐味です。

 

そう、王子系男子の澤村と、酔った勢いでえっち♡♡♡

腹黒王子にハメられました。

何がきゅんポイントかというと、澤村は間違いなく環季のことが好きってこと。自分のことを好いてくれてる王子がいるティーンズラブの世界、甘すぎてずっと酔いしれていたくなるっ!

 

ベロベロに酔った環季は、とろ~んとしたまま澤村とえっちをします。

 

優しい愛撫、ドSじゃないけどちょっとイジワルな言葉責めに、私たちまでとろんとろんに溶かされちゃう。

 

「センパイのおっぱい、すっごい美味しそう……」
「すごい… 舐めたらもっと固くなって…」
「ぐしょぐしょになったココ… いっぱい舐めてキレイにしてあげますね」

腹黒王子にハメられました。

何度も何度もイカされちゃう! イッたばかりなのに、やめてくれない♡♡♡ 環季も私たち読者も、婚約破棄になったことなんか忘れて澤村とのえっちにどっぷり溺れちゃいます。

 

挿れながら、まさかの提案をされ──

タイトルにある腹黒王子っていうのは、もちろん澤村のことなんですけど。

 

何がずるいかって、えっちの最中(しかも挿れたまま)提案をしてくること。

 

「俺が婚約者のフリしてあげましょうか? 」って。

「答えないと気持ちよくしてあげませんよ」って。

 

気持ちよくて何も考えられない状況でそれを言ってくるのって、すっごくイジワル! そういうの、大好きです~~~~!!!!

 

快感に溺れる環季は、「私の婚約者になって」と頭が正常に働かない状況の中、返事をするのでした。

 

そして、次。
次が最も胸キュンポイントなんですが、環季がイッたあと、「今日からセンパイは俺のモノですからね…」っていう澤村……最高に強引で、最高にクレイジーで、最高にカッコイイ……。

 

Mっ気がある女子は、間違いなく澤村に堕ちるはず!

 

婚約者のフリをすることになった二人はどうなる!?

腹黒王子にハメられました。
翌朝。お酒、そして気持ちよさに溺れていた環季は、昨晩のことを覚えていない! (あれだけ激しかったのに覚えてないなんて……もったいないよぅ)

 

「なんで!? 」と焦る環季をみても涼しい顔して「センパイ、ゆうべ俺にお願いしてきたじゃないですか」とか言えちゃう澤村。Sだね。

 

「「婚約者」ってコトは…… これからはいつでも先輩とこういうことができるってコトですよね♡」

 

えっちな関係のはじまりはじまり~!!

 

購入を迷っているあなた。まずは無料立ち読みをしてみてください! 1ページ目からもうスゴイので……!
腹黒王子にハメられました。