【出会い系で初めて会うとき】イメージ違いって思われたくない! 好印象を持ってもらうためのポイントと注意点

スマートフォンと

現代社会は、出会いのない男女で溢れています。これだけ人間で溢れているというのに、なぜか出会いがないと嘆いているんですね。

 

そうして、マッチングアプリなどを利用して出会う人も増えてきました。

ちょっと前の出会い系の怪しさなんて微塵もなく、日々出会い系への抵抗が減り続けているわけですが……。「やりとりしてた人と会うことになった。」そんなときは期待と不安が入り混じるもんです。

 

出会いが全然なくて興味本位で手を出してみたけど、やっぱり怪しい、でも逃したくない気もする…。」今日は、“出会い系で初めて会う日”をテーマにしてお送りします。

出会い系で初めて会うとき、イメージ違ったなって思われたくないよね?

やりとりでは良い感じだったのに、会ったらちょっとイメージが違った

 

どんな人が相手でも、“イメージ違い”、“ちょっと違った”など、絶対絶対そんな風に思われたくない! むしろ、会ってみたらもっと好感持てたって思われたいのが女子の本音。

 

どんな男だとしても、やっぱり好感は持ってほしいわけです。

 

まして、出会い系で何度かやりとりをしていた相手。それなりの『私のイメージ』というものがある状態で会うので、ある意味で言えば合コンで出会うよりも初対面のときは緊張してしまうわけです。

 

初対面でスベらないために、「可愛い! 」って思ってもらうためのポイントを押さえておきましょう。

メガネ&指し棒 先生風ちぇり実

大切な要素は以下の3つ。

 

  • ファッション
  • 表情
  • 会話のテンポ

 

「なんじゃそら! 当たり前じゃんか! 」という声が聞こえた気がしますが、続けます。

 

ファッション

ファッションは、どんな男性にとっても「ナシじゃない服」を着ていきましょう。自分のファッションセンスを披露したい気持ちは痛いほどよく分かります。でもまずは「ナシじゃない服」で様子をうかがうのです。

服についてはこちらの記事で詳しくお伝えしているので、時間があればぜひ。

 

表情

最初は緊張して顔がこわばるかもしれないけど、その状態を続けると息苦しい空気が漂うからね。どうしても緊張しちゃってどうしようもないときは素直に「緊張します…! 」と伝えること。思ったことを言うことで壁がどんどん薄くなっていくので、いつものやりとりみたいに会話がしやすくなるはず。

 

あとは、ふとした瞬間の顔も相手には見えているので、常に口角をあげているような表情でいましょう。

 

自分が話すときもそうですが、相手の話を聞くときもこれを意識するだけでグッと変わりますので、覚えておいて損はありません。

 

会話のテンポ

やりとりをしていくうちに気が合って会うことになっているとは思うのですが、実際に会ってみたら意外とテンポが合わずにギクシャク……なんてことも考えられますよね。

悩むちぇり実

それを回避するために、可能であれば一度電話で話しておいた方が良いです。相手の話し方のテンポもわかるし、一度話しておいた方が安心要素になるじゃないですか。

 

話しておくことで相手の話し方を事前に知っておけるし、相手にもなんとなくこちらのイメージが伝わるので、ぶっつけで会うよりもずっと『イメージ違い』を回避できる可能性が高くなるんですね。

 

出会い系が普及してきたとは言え、気をつけるべきことはある

暗い雰囲気の男性

職場での出会い、共通の知り合いがいる合コンなどならまだしも、出会い系で出会う場合は何の繋がりもない得体のしれない人間と会うわけです。

 

男性にとってもそうかもしれませんが、私たち女にとっちゃものすごい不安がつきまとうわけです。

 

万が一、本当に万が一に備えて、危険な目に合わないために注意すべきこと、ちゃんと押さえておいてくださいまし。

 

出会い系で初めて会う時に注意すること

  • 昼間の時間に会うようにする
  • ドライブやカラオケなど密室で二人きりにならない
  • 個人情報を伝えすぎない
  • 暗くなる前に帰る

 

出会い系、マッチングアプリでの出会いって、ショートカットなんですよ。
だからこそ、体だけが目的の人とか、ちょっと変な人とかに会う可能性だって必然的にあがってしまうわけです。

 

 

何度かデートを重ねないと分からないことが多いのでね。流されて「あぁ、なんてバカなことをしてしまったんだ!! 」とならないようにね。焦らず! ゆっくり!ね!!